ゴマは食べ過ぎ注意!ごまの栄養と効能、摂取量の目安は?

この記事は3分で読めます

ごま

ゴマって美味しいですよね!最近、小腹がすいたときに、ごま付いりこをポリポリと、おやつ代わりに食べています。

 

ごまが身体に良いと聞いたことがあるのも理由なのですが、でも食べ過ぎもよくないですよね?

 

安心して胡麻を食べるためにも、ごまの栄養や効能、1日の摂取量の目安などが気になったので、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ゴマの栄養と効能

 

ごまの栄養は、植物の中ではとても高いと言われています。それぞれの栄養成分の質が良く、量が多いのも理由の一つです。

 

日本でよく見るものは、白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマですが、実は他にも茶色いものや紫のものなど、ごまには3000以上の種類があると言われています。

 

ごまの色によっての栄養価の違いは殆どなく、ただ単に外皮の色の違いだそうです。

 

ゴマ

 

ごまの栄養成分は、脂質が50%以上、20%がたんぱく質、残りがビタミン、ミネラル、食物繊維です。

 

ごまの脂質には、不飽和脂肪酸であるリノール酸とオレイン酸が含まれています。特にリノール酸は、体内で作ることができないため、食品から摂ることが好ましいといわれています。

 

リノール酸は、悪玉コレステロールを溶かして排出するのに必要なもので、オレイン酸は善玉コレステロールの量を維持したまま、悪玉コレステロールの量を減らし、動脈硬化を予防する作用があります。

 

血液イメージ

 

また、ごまの脂質には「ゴマリグナン」という成分が豊富に含まれています。

ゴマリグナンの中では、セサミンなどが有名ですが、コレステロールを低下させる働きがあり、強い抗酸化力があることも知られています。

 

つまり、ごまにはアンチエイジングの作用もあるんですね!

 

 

また、ごまには食物繊維もたっぷり含まれているので、便秘にも効果的です。

 

快腸

 

また、それ以外にも、貧血の予防に役立つ鉄分、細胞を活性化するのに役立つミネラル、骨を作るのに役立つカルシウムなど栄養が満点です。

 

 

スポンサードリンク

 

一日の摂取量の目安とその理由は?

 

そんな栄養と効能たっぷりのごまですが、一日の摂取量は30gがいいとされています。

 

30gって言われても、どのくらいかピンと来ないですよね。

 

目安としては、いりごま大さじ1で約7gほど、すりごま大さじ1で約8gほどなので、だいたい大さじ4杯ほどの量が1日の摂取量ですね。

 

思ったよりもたくさん食べて大丈夫なんだ、と一安心です!

 

ごま油

 

この摂取量の理由としては、ゴマは半分以上が油分なので、あまり摂りすぎてしまうと、お腹がゆるくなる可能性があるからです。

 

やはり、どれだけでも食べて良いということではなかったのですね。

 

 

そして、ごまをそのまま食べても、殆ど噛んで潰すことができないため、消化できずに排泄されてしまうようです。

 

これだと、せっかくのごまの栄養価が高いわりに意味がないですね。

ごまのお勧めの摂取の仕方は、すりごまを食べることです。

 

ごまを炒った後にすり潰し、胡麻和えやお味噌汁など、料理に入れるのがいいでしょう。これだと、ごまの栄養をきちんと摂ることができますよ。

 

 

関連記事

胡麻はすりゴマで!すりごまは栄養の吸収が良いって本当?

白ごまと黒ごまってどう違うの?栄養にも違いはある?

 

 

自分ですり潰すのが面倒だ!って方は、すりごまの状態のものを購入されると楽ちんですね☆インターネットでも購入できますよ~

↓  ↓

Amazonの口コミはこちら

 

 

ws1000729

食べ物に関する豆知識や保存の方法など、知っておくと、絶対役に立つ&自慢できる?!記事はこちらにまとめています、是非御覧ください

 

caret-square-o-right 知って得する!食べ物に関する豆知識や保存方法について

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事