中国ドラマ「陳情令」が人気!イケメンだけじゃない魅力とは

私・シルコが、仕事中も考えちゃうくらい夢中になって、中国ドラマにハマるきっかけになった作品

陳情令

その日本語吹替え版が、2022年4月14日からWOWOWで放映開始との情報が!

字幕版は Amazonプライムで観る事ができるので、今でも何周目か分からないくらい見返しているんですが、日本語吹替えもどんなのか気になりますねっ。

吹替え版のオフィシャルトレーラーはこちら↓

公式のYouTubeオフィシャルトレーラーでも十分魅力が伝わると思うのですが。

私も勝手に「陳情令」の魅力を伝えたい!(笑)

という事で、完全に個人の自己満足的なオススメポイントを紹介していきます。

「陳情令」基本情報

題名:「陳情令 The Untamed」(原作はBL小説「魔道祖師」)

話数:全50話

ストーリー:陳情令ドラマ公式サイトより以下の通り引用

五大世家(藍氏、江氏、聶氏、温氏、金氏)が世の秩序を治める中、快活で何ものにも縛られない自由奔放な魏無羨(ウェイ・ウーシエン)が無口で戒律を重んじ己にも厳しい藍忘機(ラン・ワンジー)に出会う。
そんな対照的な二人は、偶然にも藍氏の禁地へ足を踏み入れ、藍氏が代々守ってきた秘密を知る。
正義のため力を尽くすことを誓った二人は、共に事件を解決していくうちに、徐々に絆を強めていくが、魏無羨は罪を被せられ、断崖から身を投げそのまま消息を断ってしまうのだった。

その16年後、呪術によって再び蘇る魏無羨は藍忘機と再会した。二人は新たな事件の真相にたどりつくと、それが16年前の忌まわしい過去につながることに気づく…。

https://mdzs.jp/drama/storyより引用

※原作がBL小説という事で、苦手感を持たれる方がいらっしゃるかもしれませんが、ドラマ版はBLではなくブロマンス。

めっちゃ親しい友人関係のような形に改変されているので安心してくださいね。

シルコ
個人的には、この改変がめちゃくちゃイイ!と感じました。

中国ドラマ「陳情令」の魅力

では、10周以上ドラマを見返し続けている私が思う「陳情令」の魅力をお話していきますね~。

中国の本気が分かる?圧倒的な映像の美しさ

私が最初にハマったのは何と言っても、その美しい映像です。

もちろんCGなども駆使していますが、実際に存在する美しい山々と違和感なく合体させて作り上げられた幻想的で美しい景色の中で話が進んでいきます。

こんな綺麗な場所があるんだーって感動しながら観られるのが良いです。

このドラマで観て、中国の方もロケ地に行きたいと思った人が多かったのか、ドラマがヒットしてすぐロケ地をめぐる観光ツアーが開催されたりしたそうですよ!

私も中国へ行く機会があったらロケ地に行ってみたい!(おそらく山奥だと思われますが…)

重要な物語の舞台の1つ「雲深不知処」

そして、実際の景色もですが、CGや映像効果を使って作り上げられた美しい世界観

そもそものお話がファンタジーなのですが、その雰囲気を損ねない細やかさが素晴らしい。

観ているとその世界が本当に存在していると思えるくらい、しっかりと作り上げられています。

細かいですが、衣装や小物も精緻で素敵なんですよ☆

公式YouTubeでも美術特集があり、一見の価値ありです↓

製作期間2年はさすが!半端ないです!

スケールが違うし、中国という大きな国の本気を見た気がしました。

中毒性のあるシナリオと見事な伏線回収

何度も見返している理由の一つには、何と言ってもストーリーの良さがあります。

何度見ても飽きないんですよね。

信念の為に苦しい道を行く主人公たちの姿に、毎回うるうるさせられます。

Amazonレビューの評価が高いのが納得できるシナリオ。

「陳情令」のAmazonでのレビューはこちら

他の方のレビューにもありましたが、栄枯盛衰とか個人の感情とかすごく複雑な状況のなかで、立場に関わらず自分の信じる道をいく登場人物たちがもう魅力的!

相手を想うが故に我慢するとか、純真で若々しい感性をイヤらしくなく観られるのも良いです。

ドラマを見ながら

「なんていい子達なんだ!」(感動)

と何度思った事か。

そして、ストーリー上で気になる点や隠されている事実が、後半に怒涛の如く回収されていくスッキリ感も良いです。

ちょっと謎解きのような要素があるのが見どころで、誰が犯人なの?と推理しながら観られて楽しい。

第1話からずっと引っ張っている問題が、最終話で解消されるなんて事もあって、何度見返しても「あ!そうだった、ここでこんな伏線が!」って面白く観れちゃうんですよね。

やっぱり重要!?美男美女の多さ

最後に、このドラマの世界は圧倒的に男社会だな~って思うくらい、男性がたくさん出てくるんですが、ほぼ全員がタイプの違うイケメンさん♪

観ているだけでも目の保養になります。

実は、第1話でときめいたのが、「藍思追」役の方で可愛いタイプのイケメンさん(下の写真の方)

ところがこの方、第2話以降なんと第33話までほぼ出演なし!

それを知った時は、ちょっとショックだったのですが、結局のところ、主演のお二人も素敵でイケメンには事欠かなかったので彼はいつ出てくるのかな~?と気長に待てましたv

老いも(?)若きも美男美女の世界ですね~

ちなみに、女性メンバーも皆さん美しく、物語に彩を添えてくれます。

衣装の優美さもあり、登場人物全員が素敵~。

まとめと吹替え版への期待

大好きな「陳情令」の魅力について、語れて大満足です。

WOWOWで吹替え版の放送が見られる方は良いですね!

吹替え版については、私もまだトレーラーしか見ていないのですが、字幕版しか知らない私でも主人公たちの声に違和感はなかったです。

素敵な配役だと思いました♪

アニメ版の声優さんが吹替え版も担当されるようなので、キャラクターが統一されていて良いですね。

特に、藍啓仁役の酒巻光宏さんの声がも~ぴったりで、トレーラーを見ただけで思わず「先生!」と叫びたくなりました。

Amazonプライムでも吹き替え版が観られるようになると良いのですが…私はしばらくはこれまで同様、字幕版をAmazonプライムで楽しむことにします♪

Amazonプライムを体験したい方は、こちらの期間限定の無料体験から始めるのがオススメ。

↓  ↓

Amazonプライムで観られなくなった時は、こちらのDVDを購入する予定です

↓  ↓

陳情令に関する記事をもっとご覧になりたい方は、こちらのまとめからどうぞ。



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です