パンは発酵食品なのになぜ身体に悪い?でも食べたい理由とは

この記事は4分で読めます

食パン

最近、腸活&菌活中で、発酵食品にはちょっとウルサイ我が家。

 

色々調べながら、毎日ヨーグルト食べてみたり、キムチ買ってみたりしてるんですけど、腸のためには、やっぱり和食の方が良いみたい。。

 

うちは、夫婦二人共パンが大好きで、麺類&粉物も大好きなんですけど、最近パンは体に悪いから食べるな!ってよく聞きますよね。

 

でも、あれ?
パンって、発酵させて作ってるから発酵食品なんじゃないの?

発酵食品は体に良いはずなのに、どうしてパンだけ悪者扱いなの??

 

今回は、パン好きの私がふと疑問に感じた、パンが体に悪い理由について徹底的に解説します!

 

そして、健康に悪いと分かっててもやめられない理由とは・・?

 

スポンサードリンク

 

パンは体に悪いから発酵食品じゃない?!

 

調べていて出てきた、嘘のようなホントの話なんですが、「発酵食品は、体に良いもののことを言うので、パンは発酵食品じゃないです」という説。

 

体に悪いと発酵食品じゃないって・・・極論のような(汗)

 

ここで、発酵食品の定義を・・・

発酵食品とは、食材を発酵させることによって作成する食品のこと

 

はい、定義を見てお分かりの通り、パンは発酵食品の1つです。

 

パンを自分で作ったことがある人だと、よく分かると思いますが、生地をパン酵母という酵母菌(イースト菌)で発酵させて作りますよね。

 

発酵

 

関連記事⇒ 酵素と酵母ってどう違うの?酵母が酵素を作るって本当?

 

 

でも、インターネット上で発酵食品について、専門に書いているページなどでも、パンは紹介されていても、健康効果については触れていないページがほとんど。

 

やはり体に悪いからでしょうか?

 

 

パンが体に悪い理由とは

 

そもそも、パンを発酵させる酵母菌には、健康に良い栄養素が沢山含まれています。主に、タンパク質や葉酸、ビタミンB群・Dなどですね。

 

こうした栄養素が、糖質の吸収を抑制したり、便秘を改善してくれたり、免疫力を高める・疲労回復などに効果があると言われています。

 

となると、健康に良さそうじゃん!!

 

 

でも、残念なことに酵母は熱に弱く、ほとんどが60℃で10分加熱すると死んでしまうそう。なので、酵母の持っている健康効果は、パンを食べても得られないです。

 

まぁ、これまで腸内環境のことをたくさん調べているので、乳酸菌なども腸に届く前に死んでいたからといって体に悪い影響を与えたりしないし、むしろ腸内細菌のエサになって体に良いっていうことは知っています。

 

パン酵母も熱で死んでしまっていたとしても、それ自体が体に害を及ぼすことはありません。

 

スポンサードリンク

 

 

では、何がパンが体に悪い理由になっているのか?

 

パンが体に悪いと言われている原因は、酵母ではなく小麦粉にあると言われています。

 

そう、私たち夫婦の大好きなパン・麺類・粉物全てに含まれる小麦粉です!

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

 

 

小麦粉に含まれるタンパク質のグルテン。

一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

斯く言う私も、意味は気にしたことないけど、ハワイでスーパーに行って、「グルテンフリー」と表示されている食品をよく見かけました。

グルテンフリー

そう、このグルテンこそが「パンが健康を害する」と言われる理由なんです!

 

グルテンは、病気や様々な身体の不調を引き起こすことが分かっており、アメリカでは「グルテン過敏症」といって、グルテンが腸や脳に炎症を引き起こす症状を指す言葉もメジャーになっているそうです。

 

また、グルテンには中毒性があることも分かっています。

 

小麦断ちをした人の30%が、イライラ感や極度の疲労などの中毒症状を呈するというアメリカでの研究報告もあります。

 

私のように「あー、なんか急にミ○ド食べたい・・・」って感じで、小麦粉製品を無性に食べたくなったことがある人は、グルテンの中毒症状の可能性が高いそうです。

 

ポンデリング

と、書いている私の目の前の光景・・・もう何も言うまい。

 

さらに、グルテンだけではなく、小麦粉に含まれる糖質の「アミロペクチンA」は消化・吸収されやすい糖質で、血糖値を急に上昇させる原因と言われています。

 

急激な血糖値の上昇は、インスリンというホルモンの過剰分泌を引き起こします。インスリンは、過剰に分泌されると糖質を中性脂肪に変えて溜め込みます。これが、内臓脂肪が増える原因に。

 

つまり、グルテンとアミロペクチンAを含む小麦粉、これが「パン=体に悪い」の理由だったんですね!

 

パン

 

 

まとめと体に良い発酵食品

 

・パンは確かに発酵食品だけど、体にはあまり良くない!!

・パンに含まれる小麦粉が、体に悪い原因だった。

・無性に食べたくなる理由は、グルテンの中毒!

 

パンは、発酵食品だけど体に悪いなんて残念すぎますね~。

逆に、体に良い発酵食品は、納豆・ヨーグルト・キムチ・味噌などだと言われています。

 

ヨーグルト

 

でも、日本人には私のように「牛乳を飲み過ぎるとお腹を壊す」という、乳糖不耐症の人が多いんだとか。

 

そう考えると、やっぱり基本の和食が一番日本人の体質に合ってて、健康に良い発酵食品を摂りやすい食事なのかもしれませんね。

 

私は、納豆のネバネバも苦手なので、最近コンブチャ(注:昆布茶じゃないよv)という発酵食品を飲んでますよ!

 

和食に飽きてきたけど、発酵食品は摂りたい!とか、菌活中で菌の種類を増やしたい!って人にも良いかも。

 

気になる人は、レビューを書いているので、良ければ読んでみてくださいね~v

 

 

finger-icon05_r1_c2 体に良いという発酵食品のコンブチャを、腸内環境改善のために、実際に1ヶ月試してみましたよ!
黒板2

 

育腸にも!話題のコンブチャを試した感想や味のレビュー

 

 

ws1000729

食べ物に関する豆知識や保存の方法など、知っておくと

絶対役に立つ&自慢できる?!記事はこちらにまとめています、是非御覧ください

 

caret-square-o-right 知って得する!食べ物に関する豆知識や保存方法について

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


スポンサードリンク

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る