秋の花粉症に注意!時期と原因、症状から対策まで網羅

この記事は4分で読めます

秋の空と草むら

花粉症といえば春のイメージですが、12月から2月頃までの間以外は、様々な花粉が飛んでいます。

 

※ただし、花粉の時期は地域などによって異なります。

 

関連記事⇒ 冬も花粉症に注意!1月・2月に起こる花粉症の原因と対策は

 

 

今回は、秋の花粉症について。

 

時期的にも風邪と間違いやすいので、症状や対策などについても見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

秋の花粉症の原因とは

 

まずは、秋の花粉症の原因について。

 

春の花粉は、スギやヒノキなどの「木」の花粉が多いですが、対して、秋の花粉は「草」が元となるものが多いです。

 

ブタクサ・カナムグラ・イラクサ・ヨモギ・セイタカアワダチソウなど、原因となる草はたくさんあります。

 

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ・・見るだけでくしゃみが出そうです。

 

草なので花粉の飛散距離は短く、強い風の吹いている時でなければ、100mも離れてしまえば、花粉はほとんど飛んでいないと言われています。

 

また、スギなどと比べると飛散量も少ないそうです。

 

 

でも、あまり飛散していないのにどうして花粉症に?って思いますよね。それには、近年のアウトドアブームや登山ブームも、理由の一つと考えられているそう。

 

公園や土手で遊んだり、山や川へ行ったりと、急に原因となる花粉の多い場所へ行くようになり、発症する例があります。

 

ハイキング

自然と触れ合えるのは楽しいけれど、まさか花粉症になるとは・・

 

では、そんな「草」の花粉、いつが多いのでしょうか?

 

 

秋の花粉症の時期

 

秋の花粉の原因は、主に草でしたね。

では、花粉が飛ぶ時期はいつなのか。

 

花粉症の原因となる主な草の時期を調べました。

 

ブタクサ・・・8~10月

カナムグラ・・・8~10月

イラクサ・・・8~10月

ヨモギ・・・8~10月

セイタカアワダチソウ・・・9~11月

 

※花粉の飛散時期は、気候・地域などにより毎年変化しますので、その年の状況を確認しましょう!

 

 

概ね8~11月の間に花粉が飛んでいますね。

この時期になると、毎年症状がでる、という方は花粉症の疑いありです。

 

では、花粉症の症状ってどんなものでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

風邪とそっくりな花粉症の症状

 

花粉症の症状は、風邪の症状とよく似ています。

 

・鼻水が出る

・くしゃみが出る

・目がかゆくなる

・頭痛

・のどの痛み

・咳がでる

・微熱がでる

 

などが花粉症の症状です。

 

花粉症

 

風邪との症状の違いを見ていくと、

 

・鼻水が出る・・・花粉症の方がサラサラとした透明の鼻水が出る。

・くしゃみが出る・・・花粉症はくしゃみが立て続けに出る事が多い。

・目がかゆくなる・・・風邪では出ない症状。

・のどの痛み・・・花粉症では、痛みと言うよりはかゆみ。

 

というように、症状に若干の違いがあります。

毎年ほぼ同じ時期に症状が出るものだと、花粉症の可能性が高いですね。

 

花粉症かも・・という方は、病院でアレルギーチェックをしてもらうと、自分が何に反応しているのかが分かって、対策が立てやすいと思います。

 

 

花粉の時期が来る前に早めの対策を!

 

花粉症の対策は、早め早めに!これが楽に乗り切るコツだと思います。

 

・外出を控える。もし外出するなら完全防備で!

・外から帰った時、家に花粉を持ち込まない、手洗い・洗顔・うがいをする。

・こまめに掃除する

・洗濯物を外に干さない

・空気清浄機を買う

 

など、自分でできる対策は、たくさんあります。

そもそも花粉が飛んでいる場所に行かなきゃ良いんですが、働いていたら外出を控えるのって難しいですよね。

 

花粉対策

 

じゃあ、花粉になるべく接触しない対策をして、お出かけしましょう!

 

・マスク

花粉症の症状が出ていなくても、乾燥防止・粘膜保護の為に、早めにマスクをすると症状が緩和されます。

 

夏の花粉症の時期は、マスクは暑くて大変ですが、秋の花粉症の時期なら風邪予防にもなるし、暖かいしGOODです。

 

お化粧が落ちやすいのが難点ですが、お化粧した時用のマスクなら、化粧崩れも抑えられますよ。

 

メイクが落ちにくいマスクはコレがオススメです!

↓  ↓  ↓

Amazonの口コミはこちら

楽天の口コミはこちら

 

 

あと、最近では塗るマスクもオススメです。

 

これは人によって効果にバラつきがあるみたいなんですが、マスクと塗るマスクの併用で、私はずいぶんと楽になったので紹介しておきます。

 

私が使っている塗るマスク。薬局で購入。

↓  ↓  ↓

CIMG3493

 

派遣のお仕事をしていた時は、外を歩く際は、塗るマスク+マスク。室内では、塗るマスクのみで過ごしてましたが、かなり楽でしたね。

 

 

・メガネ

目がかゆくなる症状の方は、メガネが有効です。

 

花粉対策用のメガネでない普通のメガネでも、目に入る花粉の量が、40%減少する事が分かっています。

 

 

他にも、なるべく花粉が付きにくいつるつるした素材の服を着るなどして、花粉に接触するのをできるだけ避けましょう。

 

秋の花粉のシーズンは、まだまだこれからです。

早めの対策で、乗り切りましょう!

 

 

関連記事

目の花粉症対策にはメガネが効果抜群!おすすめや注意点は?

寒暖差アレルギーの対処法・改善方法は?治療して治るの?

 

 

ws1000729

 

症状別の対策・改善方法や、春以外の花粉症のことなど、花粉症の悩みにはこちらをどうぞ! 花粉症についての様々な情報をまとめてあります。

 

caret-square-o-right 花粉症について!基本情報から症状改善に役立つ情報等まとめ

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事