浴衣が暑い!なるべく涼しく着るにはどうすれば良い?

この記事は4分で読めます

夏、デートで浴衣なんて素敵ですよね。

 

浴衣は、夏らしくって涼しげで・・って見た目にはそう思っている人も多いと思います。

 

でも、実際に着てみると、全然涼しくない!

 

せっかくのデートなのに、汗だく&歩きにくいので疲れちゃうし、ショックを受けたことがあります。

 

皆、あの暑さをどう我慢してるの?

なるべく涼しく浴衣を着る方法ってあるのでしょうか。

 

 

浴衣は涼しい、は間違ったイメージ?

 

まず、浴衣は本当に涼しいものなんでしょうか。

 

私は、浴衣姿の人を見かけるとつい、涼しげで良いな~と自分が着た時に暑かったことも忘れて思っちゃいますけど。

 

 

元々、浴衣はお風呂に入る際に着る物が原型。

 

というのも昔は、公衆浴場が混浴だったので肌を保護し隠すために湯帷子(ゆかたびら)という衣を着て入っていたんですって。

 

これが湯上りに羽織るものになって、庶民が普段着る物になっていったんだとか。

 

ですので、昔の人からすると浴衣は着物よりもラフで、着込む枚数も少ない事から”涼しいもの”という見解だったのは間違いないと思います。

 

ただ、これは着物と比べた時の事なんですよね。

 

 

 

現代ではどうかというと、やはり浴衣が涼しいものだと言い切ることはできません。

 

浴衣は露出が少ない事もあり、実際に着て涼しいかというと必ずしもそうとは言えないというのが現実。

 

確かに、実際に着てみても、半袖半ズボンの方がよっぽど涼しいのは間違いないですよね~。

 

 

でも、不思議なことに浴衣を着ている本人はそんなに涼しくはないですけど、見ている人には涼しげな印象を与えます。

 

冒頭で書いた通り、決して涼しくないと知っている私でも、涼しそうだな~と感じるんですもんね。

 

周りの人が見て涼しげだなという印象を抱くのは、浴衣を着ている風情を感じ取っているからだと言われているんですって。

 

 

ですので、浴衣は着ている人よりも周りの人を涼しくさせると言えるかもしれませんね。

 

ポイント

 

・浴衣は、実際に着ている人はそれほど涼しくはない

・むしろ周りから見た場合に涼しげな印象を与える

・浴衣が涼しいというイメージは、周りから見た時に風情を感じさせるから

 

浴衣は涼しい、というイメージは間違ってはいないんですけど、現代では着て涼しいものではないという事ですね・・。

 

 

浴衣をなるべく涼しく着る方法

 

とは言え、夏には1度は浴衣を着てお出かけしたいっ、て方もいると思います。

 

花火やお祭りなど浴衣が映えるイベントも夏は多いですし、浴衣を着たくなる気持ち、分かりますっ。

 

できるだけ涼しく浴衣を着る方法はあるのでしょうか。

調べたところ、ポイントが4つほどありましたので、それぞれ紹介していきますね。

 

 

浴衣の素材は涼しいものを選ぶ

 

まずは、浴衣の素材。

 

最近は手入れもしやすい化繊の浴衣も多いですが、麻や綿混の麻タイプの浴衣は通気性も良く、また汗をかいても素早く吸って乾いてくれます。

 

さらさら感がありべたっとしないのが、また良いですね。

 

 

 

着方で涼しく

 

浴衣は着方でも涼しくすることができるんですって。

 

まず、何枚も着たくないから、下着の上に直接浴衣を着たくなっちゃいますけど、肌着を着る方が良いそう。

 

汗を吸収して着心地が良くなり、結果として涼しくなるそうなんですよ。

 

また、肌着を付けると着崩れしにくいなど、その他のメリットもありますので、着ておく方が良さそう。

 

肌着を選ぶ際も、なるべく吸水性が良く速乾で肌に張り付きにくいものを選ぶようにしましょうね。

 

 

浴衣の着付けでは、衣紋を抜くと首筋が涼しく、快適に浴衣を着こなせると言われています。

 

着付け方は、こちらの動画が分かりやいですよ。(ちょと声が聞こえづらいですけど・・)

↓   ↓

 

 

髪型で涼しく

 

最近では、髪をおろしたままで浴衣を着てても違和感なく、可愛いアレンジをしている人も多いですけど。

 

やっぱり涼しさを求めるなら髪もアップにすると良いです。

 

体温を調節するのには、首筋など太い血管が肌表面の近くを通っている部分を冷やすと良いというのもよく知られていますよね。

 

ですので、首筋をスッキリさせておくと体感温度がぐっと下がりますよ。

 

 

 

グッズを使って快適に

 

最後に、もう文明の利器というか時代に合った対策を。(笑)

 

身体を冷やすグッズは今たくさん販売されていますので、それを利用するのも浴衣で涼しく過ごすにはおススメ。

 

 

保冷剤をあちこちに仕込む、という強者もいましたけど、個人的には冷却スプレーや冷却シートなどが便利だと思います。

 

 

 

 

また、こまめに汗を拭くとべたつかず、その分風が浴衣の中を通りやすくなるので涼しく過ごせます。

 

これなら一石二鳥?涼しくなる汗拭きシートもありますねっ。

↓   ↓

 

温暖化なんて言われてもいますけど、実際に東京の気温は100年前と比べて3度以上上昇していると、テレビで言っているのを聞いたことがあります。

 

グッズや着方など工夫する事で浴衣を涼しく着るのが、現代では必須なのかもしれませんね~。

 

 

ws1000729

 

体臭・肩こりなどの痛み・睡眠のお悩みを改善したい、対策したい!という方へお悩みのまとめ記事はこちらです。その他困った時の対処法を載せています、是非御覧ください。

 

caret-square-o-right 体臭や痛みなどのお悩みについて、対策・改善方法まとめ

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


スポンサーリンク

おすすめ記事

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る