夏、喘息の方は花火や線香の煙にも注意して。煙対策3選とは

この記事は3分で読めます

手持ち花火

うちの旦那は、アトピーだけじゃなくって喘息もちでもあるんですけど、夏は意外なところで調子を崩す事があります。

 

自宅で花火をしたり、お参りで線香の煙をたくさん吸ったりして、ゼーゼーし出した時は、とても驚きました。(当時は、私のぜんそくに対する知識が浅かったんですけど・・)

 

夏に遭遇することの多い花火や線香など、喘息の方の煙対策について、私の覚書も兼ねて調べたことを書きます。

 

スポンサードリンク

 

喘息の方の煙対策3選

 

早速本題の煙対策について。

煙への対策法は、主に3つだと言われています。

 

 

1、近づかない

 

当然ですが、アレルギーと同じようなものなので、基本的には煙に近付かないというのが一番の対策です。

 

線香の煙対策だと、お部屋の中が想定されるので、充満する煙にも注意したいですね。

可能なら、お部屋の換気をする、なるべく線香から離れた位置に居るなどしましょう。

 

参り仏具

 

 

花火なら、やらないのが一番の対策ですよね。

 

が、どうしても花火をする場面に遭遇することもありますので、遠巻きに眺める、家の中から観賞するなどして、なるべく遠くに居ると良いですね。

 

 

2、煙の流れる風上に居る

 

これは、1番の近付かないとほぼ同じですが。

 

とにかく、風上に立って、煙を直接吸い込むのを避けるようにしましょう。

煙が流れるのと逆方向に立っていれば、直接出ている煙を吸うのを回避できます。

 

花火なら風上、線香なら空調の吹き出し辺りや、窓・ドアの近くに立つなどですね。

 

 

また、風が無い場合は、自分で団扇で顔周りを扇いだり、扇風機を使って煙を飛ばすのも効果的だと言われています。

 

スポンサードリンク

 

3、マスクをする

 

1、2番のように近付かず・直接の煙を吸うのを回避するのが一番です。

 

でも、どうしてもその場に居るとなれば、マスクを付けましょう。

もちろん、風上に立つなどと併用すると尚良しです。

 

ただ、一般的なマスクでは粉塵はある程度防げても、花火や線香の煙の成分は防げないと言われていますので、過信しないようにしましょう。

 

マスク2枚

 

 

大人だと、ある程度我慢したり、近付かないようにしたりできるので、うちの旦那もゼーゼーしたのは1回きりです。

 

お子さんだと、我慢させるのもなかなか難しいし、可哀想に感じるかもしれません。

でも、喘息の発作で辛い思いをするのはもっと可哀想だし、危険なことです。

 

大変かと思いますが、周りの大人が注意して見てあげてくださいね。

 

 

後になって起こる発作に注意

 

ここからは、余談になるんですが。

花火が楽しく終わってさぁ安心、と思ったら、その後寝る前になって突然苦しくなってきた、と言う場合もあります。

 

これは、自律神経が切り替わる事によって起こるそう。

リラックスモードの副交感神経が優位になって、気管支が狭くなり、症状が現われる事があります。

 

 

今日は、花火や線香の煙をたくさん吸ってしまったな、という時は手洗いやうがいをしっかりしましょう。

 

また、水分補給も良いと言われています。

気管支を刺激しない温かい飲み物を摂るようにしましょう。

 

温かい飲み物

 

 

花火や線香の煙って、喘息じゃなくっても咳き込むことがあるし、あまり吸わない方が良さそうですよね。

 

最近では、線香も花火も煙の少ないものが売っていますので、そういった物も上手に利用すると良いですね。

夏の風物詩でもありますし、花火は私も大好きですけど、ほどほどに楽しみましょう。

 

 

◎咳が続く方は気をつけて。その咳、咳喘息かもしれません。

 

関連記事⇒ 咳喘息かも!咳止めが効かない長引く咳は、ストレスが原因?

 

 

 

ws1000729

 

病気になる前の段階で対策を打てば、治りも早くなります。
様々な不調や病気の予防・改善方法についての記事をまとめています。

 

caret-square-o-right その体調不良、原因は?病気の予防や改善についてのまとめ

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


スポンサードリンク

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る