ケールの栄養と効能は?あの苦い味の理由は成分にあった

この記事は3分で読めます

ケール調理

健康のために、昔からよく飲まれている青汁。
青汁の主な成分と言えばケールが有名ですよね。

 

ケールは苦いですが、その分健康に良さそうな気がします。良薬口に苦し、ですもんねっ。

 

実際に、ケールの栄養と効能はどのようなものがあるのでしょうか?
ケールの苦味成分とは?

 

スポンサードリンク

 

ケールはどんな野菜か

ケールって、実はキャベツの一種なんですって。

普通のキャベツは旬があるのですが、ケールは年中栽培することが出来るとても強い野菜。

 

元々青汁は、小松菜やキャベツなどを使って作られていました。
しかし、季節によって安定していませんでした。

 

そこで、ケールの安定的な供給が注目され、ケールが青汁の主な原料として重宝されるようになったのです。

 

元々、健康成分で選ばれた材料じゃなかったとは、意外!
ケールは生で食べられることは殆どなく、青汁の原料として使われるのが主だそうです。

 

青汁

 

 

ケールの栄養と効果・効能

 

ケールは栄養価がものすごく高く、ビタミンAやカルシウム、ミネラル、食物繊維、葉酸など色んなものが含まれています。

 

これらは他の野菜と比べても群を抜いて多く、ケールだけで様々な栄養を摂ることが出来ます。

 

 

また、カロテノイドと言う野菜や果物に含まれている色素の一種である、ルテインも含んでいます。

 

ルテインは抗酸化物質で、抗がん作用があると言われており、美容にも良い効果があります。

 

 

ケールには、ダイエット効果もあると言われています。

 

ラットの実験で、肥満気味のラットにケールを与え続けたところ、ラットの体重の増加を抑制し、中性脂肪が減少したそうです。

 

この結果から、ケールには脂質を吸収して抑制し、肥満を抑える効果があることが分かりました。

 

食物繊維が、便通を良くしてくれ、ビタミンやマグネシウムが基礎代謝を高めてくれるのが、ダイエット効果に繋がっているのではないかと考えられています。

 

ダイエット

 
さらに、ケールを食べ続けると血糖値が下がる、という実験結果もあるようです。

 

血糖値が上昇すると、インシュリンが分泌され、糖質を脂肪として体内に蓄積してしまいます。
血糖値を下げることにより、脂肪の蓄積を抑え、太りにくい身体にしてくれるんですね。

 

 

ケールを食べると、身体の中がすっきりし、綺麗になるんですね。
ケールのデトックス効果は、ヨーグルトよりも高いと言われているんですって。

 

スポンサードリンク

 

ケールが苦い理由は苦味成分にアリ

 

もう少し苦くなければ、身体に良いケール摂りやすいのに・・って思いますよね。

 

ケールが苦い理由は、苦味成分のスルフォラファンが含まれているからです。

 

また、辛味成分のイソチオシアネートも含まれており、スルフォラファンとダブルで含まれているから、より苦く感じるのかも知れませんね。

 

 

ただ、この苦味成分や辛み成分も体にはとても良いんですって。
スルフォラファンもイソチオシアネートも、がん予防に効果的な成分と言われているんですよ。

 

苦いのにも理由があって、あの苦さにも身体に良い栄養が関わっていたんですね。
健康のためには、苦くても上手にケールを取り入れる方法を探さないといけませんね!

 

 

☆ケールの苦さを抑える方法については、こちらの記事で詳しく書いています。

↓    ↓

ケールは苦味の少ない品種もある?苦さを少なくする方法は?

 

 

これオシャレで美味しそうvケールサラダのレシピ動画です。

↓    ↓

 

 

 

ws1000729

 

この記事では良い野菜に秘められたすごいパワーをたくさん紹介しています。

栄養や効果・効能を知って、今よりさらに野菜を美味しく食べましょう!

 

caret-square-o-right 体に良い野菜、美味しく食べる為に栄養と効果・効能を知る

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


スポンサードリンク

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る