風邪の時のお風呂、何度くらいでどのくらいの時間入れば良い?

この記事は2分で読めます

バスルーム

風邪をひいた時にお風呂に入っても良いというのは、最近よく言われているので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

子供の頃は、風邪の時にお風呂入っちゃダメって言われてたのに、今では入ったほうが良いと言われているそうですけど。

 

そんな風邪の時のお風呂、どのくらいの温度でどのくらいの時間入れば良いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

風邪の時のお風呂が良い理由

 

まず、どうして風邪の時にお風呂に入ると良いのかを知りましょう。

 

一つには、血行が良くなるメリットが挙げられます。

血行が良くなることで体温も上がり、免疫力がUPすると言われています。

 

また、血行が良くなることで不快な鼻づまり等が解消され、入浴後ゆっくりと休むことが出来るのも良いですね。

 

 

さらに、浴室の環境は、ウイルスの苦手とする高温多湿な状態です。

喉などの粘膜を保湿し、ウイルスの活動を抑制することができます。

 

 

加えて、皮膚を清潔に保つことで発汗を促し、同時に解熱を促すことになります。

 

風邪の回復にお風呂はすごく良いんですね!

 

 

風邪の時のお風呂の入り方

 

さて、では風邪の時の入浴のメリットを十分に得るためには、どんな入浴方法が良いのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

どのくらいの温度が適切?

 

まずは温度です。

温度は、基本的には熱すぎない事が大切です。

 

38~41度が目安とも言われていますが、夏の41度のお風呂は結構熱すぎるような気がしませんか?

熱すぎるお風呂は体力を消耗してしまうので、風邪の時には良くないです。

 

もちろん、お風呂から上がった時に寒くない温度が必要なので、低すぎるのもダメ。

真冬は38度のお風呂って、健康でも結構寒いと思います。

 

なので、お湯の温度は季節や本人の普段の体温などで個人差があると思います。

時期などを考慮して、加減して入るのが良いでしょう。

 

しっかり温まる

 

 

どのくらいの時間が適切?

 

もちろん、風邪をひいている場合は、長湯は禁物。

20分くらいを目安に入浴するのがお勧めなんですって。

 

お風呂の温度によって、なかなか身体が暖まらないと感じる場合があるかもしれません。

その場合は、温度を上げるなどして調節すると良いですね。

 

 

入浴の際に注意したいポイント!

 

風邪の時の入浴は、体に良いのですが、体力がなくて辛い時などは当然、入らない方が良いです。

 

あくまで、お風呂に入って良いのは入浴する体力がある場合です。

気分が悪い時や高熱がある時に、無理してお風呂に入る必要はありません。

 

 

また、なるべく脱衣所や浴室を温めて入ったり、入浴後すぐに身体を拭いて湯冷めをしないような工夫をすると良いです。

 

 

関連記事

風邪をひいた時、食べ物・食事で治せる?薬に頼りたくない!

風邪の時は食べ物を食べない方が治りが早いって本当?

 

 

 

ws1000729

 

万病の元とも言われる風邪。身近な病気と侮らず、予防・対策しましょう!

風邪への対処や予防など、気になる情報まとめはこちらから。

 

caret-square-o-right 風邪への対策!予防から治療、摂るべき栄養等豆知識までまとめ

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


スポンサードリンク

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る