卯の花とおからって違うものなの?同じものなの?

この記事は3分で読めます

卯の花

子供の時に、母が作ってくれていたおからが大好きでした。

 

自分で料理をするようになり、スーパーにおからを買いに行ったら「卯の花」と書いて売っています。

 

あれ?おからじゃないの?

 

卯の花とおからって違うものなのでしょうか?

それとも同じもので呼び名が違うだけなの?

 

気になったので、おからと卯の花について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

卯の花とおからは同じもの?

 

結論を先に言うと、卯の花とおからは同じものです。

 

どちらも、豆腐を作る際に出てくる、大豆の搾りかすです。

 

 

そもそも、おからの「から」と言うのは、中身のない外皮である「殻」が起源となったようです。

 

おからは、中身を豆腐にした残りカスの大豆殻のこと。

ここから「御殻=おから」と呼ばれるようになりました。

 

つまり、卯の花は元々「おから」という名前で呼ばれていたんですね!

 

 

でも、おからの音の響きが、空っぽのような意味合いに聞こえてしまい、縁起が悪いと考える人もいました。

 

そのため、昔の人が別名で「卯の花」と言う名前で呼ぶようになりました。

 

 

卯の花という名前がどこから来たかというと、初夏に小さな白い花をつけるウツギ(空木)と言う植物から。ウツギの花が「卯の花」ですね。

 

おからの色が白いところから卯の花が連想されるので、おからのことを卯の花とも呼ぶようになったんだそう。

 

つまり、まとめると

 

・卯の花とおからは同じもの

・元々、御殻と呼ばれていたものが卯の花という別名でも呼ばれるようになった

 

スポンサードリンク

 

おからと卯の花、現代の使い分けは?

 

私はしばらくの間、おからは料理をすると呼び名が変わるものなのかと思っていました。

 

つまり、材料のことを「おから」と呼び、出来上がったもの(加工済のもの)を「卯の花」と言うんだと思っていました。

同じように思っていた人もいるんじゃないでしょうか?

 

実際に、スーパーのお惣菜コーナーなどに行ってみると、「卯の花」と書かれたものの方が多いような気がします。

 

 

これは、地方によっても使われ方に差があるそうです。

 

おからと呼ばれるのは主に関西の方で、卯の花と呼ばれるのは関東が多いようです。

 

 

おから、卯の花以外の名前がある!

 

おからには、他にも別の名前があるようです。

 

おから

 

 

おからを作るときに、包丁を使わずに作れることが由来となったきらず(きれず、とも)

 

おからが雪のように見えるところからつけられた、雪花菜(せっかさい)

 

そして、おからからからっぽを連想するのを嫌がった昔の商売人が、縁起よくするために呼んだ大入り(おおいり)

 

卯の花・おから、の二つでもややこしいな・・・って思ってたのに、こんなにたくさんあるとは、驚きですね!

 

 

ちなみに中国では、豆渣(トウジャ)や、豆腐渣(トウフジャ)と呼ばれ、 料理の材料となっています。
中国でもおからを使った料理を作るんですね~。

 

 

最後に、おからのヘルシー簡単レシピの動画をご紹介します!

↓   ↓

 

 

関連記事

湯豆腐のだし汁は捨てない!昆布だしの栄養たっぷり活用!

湯豆腐のカロリーは?ダイエットに失敗しない為の注意点

 

 

ws1000729

 

食べ物に関する豆知識や保存の方法など、知っておくと絶対役に立つ&自慢できる?!記事はこちらにまとめています、是非御覧ください

 

caret-square-o-right 知って得する!食べ物に関する豆知識や保存方法について

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事