ひじきは低カロリーでダイエット向きの食材?

この記事は3分で読めます

ヒジキサラダ

友達が太り過ぎて、病院に行き先生にダイエットをするように言われて、ひじきばかり食べていたと言う話をしていました。

 

ひじきってダイエットに向いている食べ物なんでしょうか?
低カロリーって聞くけど実際どうなの?調べました。

 

スポンサードリンク

 

ひじきってどんな食材?

 

日本ではよく食べられているひじきですが、海藻の一種で海岸沿いの岩場などに生えています。

 

主に出回っているものは乾燥したものが多いのですが、以前に生のひじきを食べたら、まるで生わかめのような海の香りと濃い味でとても美味しかったですよ。

 

 

乾燥ひじきは火を通して食べますが、生のひじきだと、そのままお刺身のように食べることが可能です。
ひじきは国産のものは、殆どが天然です。

 

 

ひじきは栄養たっぷり!

 

ひじきには、食物繊維、炭水化物、ビタミン類、ミネラル類などたくさんの栄養素が含まれているんですって。

 

そして、効能は以下のものがあります。

 

特にひじきと言えば鉄分が多く、貧血予防に食べられるので有名ですよね。

野菜で鉄分が多いと言われるホウレン草の何倍もの鉄分が含まれているんですよ!

 

貧血女性

貧血改善に!

 

ただ、ひじきなど海藻類に含まれる鉄分は、そのままだと人間の身体には吸収しにくいので、ビタミンCと一緒に摂るのがいいそうです。

 

そして、鉄分はコーヒーや緑茶などに含まれているカフェインには弱いので、一緒に摂らないようにしましょう。

 

 

ひじきには食物繊維も多く含まれています。
便通が良くなり便秘が治れば、腸の中も綺麗になり、美肌効果が得られます。

 

また、ひじきを食べると血流が良くなり、身体が冷え性の人や肩こり・片頭痛に悩まされている人にもお勧めな食材です。

ひじきの栄養・効能についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

関連記事⇒ ひじきの栄養と効果効能!製法・調理法で栄養の量が変わる?

 

スポンサードリンク

 

ひじきは低カロリー食品?

 

ひじきは、とてもカロリーが低いので、ダイエットに向いた食品のようです。

 

乾燥ひじき100gのカロリーは、150キロカロリー前後。

 

一見多いように感じるかもしれませんが、これを水で戻すと7~8倍量になります。

まぁ、こんな大量には一気に食べないですよね。

 

茹でひじきなら、100gで約10キロカロリーほどだと言われているので、かなりヘルシーですよね!

 

 

ひじきを美味しくいただきましょう!

 

それでは、美味しいひじきの選び方を記載しておきますね。
ひじきは光沢があり、色が黒く、しわしわにならずにピンとはっているものがお勧めです。

 

乾燥のひじきの場合は、色のムラが少ないものを選んでください。

 

ひじきには、芽ひじきと茎ひじきと言う2種類があり、芽ひじきは小さく、茎ひじきは長いものとなっています。
芽ひじきがひじきの葉の部分、茎ひじきがひじきの茎の部分です。

 

ひじきの分かりやすい説明動画がありましたので貼っておきますね!

商品になる過程って面白いですよね~。

↓  ↓

 

ひじきを使った料理は、煮物、ひじきご飯、ひじきハンバーグなどがありますが、
王道の和食に飽きて来たら、マヨネーズとツナであえたひじきサラダも美味しいですよ。

 

また、クッキーの中に入れて焼いたらお菓子としてもひじきを取り入れることができます。

 

アレンジすることで、飽きずに食べることができますね!

 

 

関連記事

ひじきの鉄分が減少している理由は?!ヒ素の量はどうなの?

 

 

ws1000729

 

食べ物に関する豆知識や保存の方法など、知っておくと絶対役に立つ&自慢できる?!記事はこちらにまとめています、是非御覧ください。

 

caret-square-o-right 知って得する!食べ物に関する豆知識や保存方法について

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事