夏でもインフルエンザに注意!夏インフルの症状と対策は?

この記事は2分で読めます

インフルエンザ

インフルエンザは実は夏にもかかる、ってご存知でしたか?
夏でもインフルエンザで学級閉鎖や、高齢者施設で集団感染、という事例があるんですよ。

 

夏は安心!って思ってたのに・・夏にインフルエンザなんて、かかりたくないっ。

 

というわけで、症状と対策をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

なぜ夏にも流行するの?

 

日本では一般的に冬に流行しますが、それはインフルエンザウイルスが低温低湿を好むからです。

 

ところが、ウイルスにも種類があり、東南アジアでは通年流行しているそうです。

 

昨今、日本への旅行者が増えてきたことでウイルスが持ち込まれ、かつ夏もクーラーで室内環境が低温低湿になっていることから、ウイルスが生き残りやすい環境となっているんですね。

 

また、夏バテで免疫力が低下していると、感染しやすいのも理由の一つです。

 

 

夏インフルの症状は?

 

症状は、基本的に冬にかかるインフルエンザと同じです。

 

1~3日間程度の潜伏期間の後、急激に高熱(38度以上)・頭痛・全身倦怠感・筋肉痛などの症状が襲ってきます。

 

経験がある方も多いのではないでしょうか

 

 

夏のインフルエンザで怖いところは、免疫力が低下しているので、夏風邪や熱中症を併発する可能性があること。

 

例えば、夏風邪だとインフルエンザの症状に加え、下痢や腹痛などが生じます。
熱中症だと、インフルエンザの症状のほか、大量の汗や意識障害などが生じます。

 

これは怖いですね!

 

 

夏風邪だけだと症状は緩やかに出てくるのですが、安易に自己判断せず、インフルエンザも疑った方が良さそうです。

 

いずれも38度という高熱が出るのと、他の病気の可能性もありますので、すぐに病院に掛かるようにしたいですね。

 

スポンサードリンク

 

対策はどうすればいい?

 

夏インフルに罹らないようにするためには、まずは免疫力を高めること。

 

栄養価の高い食事、たっぷりの睡眠を摂り、エアコンも26~28度程度を保つようにすると良いそうです。

 

 

現状では夏のインフルエンザワクチンはなく、冬に摂取したワクチンも効果が薄れているため、残念ながらワクチンに期待することは難しそうです。

 

もし不幸にも、夏にインフルエンザに罹ったときは、冬と同じく病院で貰った抗インフルエンザ薬を服用し、自宅療養することになります。

 

症状初期に服用すればウイルスの増殖を防ぐことが出来、治りも早くなるそうですよ。

 

家族がかかってしまったときは、ワクチンはありませんが、抗インフルエンザ薬を予防投与する、という考えもあるそうですので、お医者さんに相談してみると良いのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、できるだけインフルエンザには罹りたくないですよね。

栄養たっぷり摂れる夏に良さそうなレシピを最後に紹介しておきます!

↓  ↓

 

 

関連記事

夏バテの原因と対策!夏バテ予防の食事・生活とは?

インフルエンザへの対策ー予防や感染した時の対処法など

インフルエンザによく効く食べ物とは?これでインフル撃退

 

 

 

ws1000729

 

病気になる前の段階で対策を打てば、治りも早くなります。様々な不調や病気の予防・改善方法についての記事をまとめています。

 

caret-square-o-right その体調不良、原因は?病気の予防や改善についてのまとめ

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 熱中症
  2. 咳
  3. 子供病気
  4. 体調不良
  5. うつ
  6. 2人

プロ・ブロガーになった旦那の一言とは?

333333

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る