髪を洗う正しい方法!シャンプーの仕方や温度、流し方は?

この記事は3分で読めます

シャンプー

お風呂でシャンプーを使って髪を洗ったのに、何故か頭がかゆいってことないですか?
これって髪の洗い方が良くないんでしょうか。

 

髪の毛の正しい洗い方ってあるのかな。
頭皮と髪をきれいにする、シャンプーの仕方や温度、流し方など調べました。

 

スポンサードリンク

 

正しい髪の洗い方とは?

 

正しい髪の洗い方には段階があるようです。順を追って説明していきますね。

 

まずは、乾いている髪をブラシやくしで梳いておきます。
軽いブラッシングをすることにより、髪についていたホコリを落とします。

 

次にぬるま湯で髪をすすいでください。
これは、濡らすというより、流すつもりで行いましょう。

 

これで大まかな汚れを落とすことが出来ます。
髪の汚れが落ちると、少ないシャンプーでも泡立ちが良くなります。

 

シャンプーリンス

 

シャンプーの正しい仕方は?

 

さてでは、シャンプーに行きましょう。

 

シャンプーをつけるところからですが、シャンプーは直接髪につけず、まず適切な量を手に取ります。

36度程度のぬるま湯で溶かしてから、よく泡立て、髪のあちらこちらに少しずつ付け、両手の平を使って円を描くようにします。

 

髪を洗うというより、頭皮を洗います。
下を向いて洗うと、逆毛になりキューティクルにダメージを与えるので、頭は上を向くようにしましょう。

 

美髪

 

爪を立てて洗うと、頭皮が傷つきかゆくなるので、爪は立てずに指の腹を使って、頭皮をマッサージするようにします。

 

髪の汚れが気になる時、ワックスなどスタイリング剤を使用してシャンプーの泡立ちが良くない時は、2度洗うとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

洗い流し方やお湯の温度は?

 

綺麗に洗った後は、ぬるま湯で髪についたシャンプーを洗い流します。
この時、髪を洗った時間の3倍をかけて流すようにしましょう。

 

耳や頭の後ろは、自分では見えなくて泡が残りやすいので、きちんと流すように注意してくださいね。

 

シャンプーの仕方分かりやすい動画がありましたので載せておきますね。

↓  ↓  ↓

人にやってもらうの気持ちよさそ~v

 

 

綺麗にシャンプーを落としたら、次はリンスやトリートメントをつけます。

 

ただ、髪に効果のないトリートメントなどをつけるとフケや痒みの原因となるので、効果があるものを購入時に選んでくださいね。

 

 

ちなみに、髪を洗うときに最適な温度は38℃前後だと言われています。

この温度が、頭皮を傷つけず、しかも皮脂を洗い流すのに最適なんですって。

 

 

髪をキレイに保つために・・

 

髪を洗った後に濡れたまま寝ると、髪が擦れて損傷を受けるので、寝る前には必ずドライヤーなどで乾かすようにしましょう。

 

また、仕事などに行く前の朝にシャンプーをしたい人もいるかと思いますが、寝る前に汚れた髪のまま寝てしまうと、日中にかいた汗で毛根をふさいでしまい、体臭や髪の痛みの原因になります。

 

汚れはその日中に落とすようにしましょう。

 

 

髪の毛をきつく縛るのも、髪にダメージを与えてしまいます。
抜け毛や切れ毛の原因を作るので、髪を結ぶ場合はゆるく結んだほうがいいです。

 

ゴムを使わずに、ヘアクリップなどを使用する方が、髪へのダメージは少ないでしょう。

 

綺麗な髪と頭皮を維持して、かゆみなし&スッキリで過ごしたいですね!

 

 

 

関連記事

頭皮の乾燥、正しいケアとフケ対策とは?

髪がパサつく原因とは?パサパサ髪の改善方法はコレ!

頭皮をシャンプーブラシで洗うのは髪に良いって本当なの?

 

 

 

ws1000729

 

病気になる前の段階で対策を打てば、治りも早くなります。
様々な不調や病気の予防・改善方法についての記事をまとめています。

 

caret-square-o-right その体調不良、原因は?病気の予防や改善についてのまとめ

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事