プールって体が冷えて健康によくない気がするけど大丈夫?

この記事は3分で読めます

水泳

この間、温水プールに行ってきました。

 

外の気温は30度弱だったし、気持ちいいかなと思ったら、プールの水温が低すぎて、プールの中で動いているときはいいのですが、外に出たら寒すぎて・・。

 

なかなかプールから出られませんでしたよ(笑)

 

この時ふと思ったのですが、プールって冷たいので長時間入っていると、体が冷えてしまいますよね。

 

となると、水泳って実は健康によくないってことはないのでしょうか?
実際はどうなんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

プールは身体が冷える?

 

運動をすると、人間は身体の中で熱が発生します。

 

プールやマラソンのような有酸素運動だと、時間をかけて血液を送ろうとする力が活性化するので、血行も良くなり体温が上がりやすいです。

 

特に水泳は、体を冷やす水中での運動なので、身体の表面が冷たくなるのを感じて、体温を維持しようと熱を作る作用が活発になります。

 

ですので、プールでの水泳は血行を良くしたり、体温を上げやすい身体作りにはぴったりですね。

 

 

しかし、それにも限界があります。

 

身体の状況や個人差によって、それぞれの作ることができる熱量には違いがあります。

 

普段からスポーツやトレーニングをしている人や、食事を気を使っていたり、身体の体温が高めな人と冷え性な人でも、感じる温度に違いがあるのです。

 

つまり、身体が作り出す熱量と水に奪われる熱量の差がポイント!

身体が作り出す熱量よりも、水に奪われる熱量が大きくなれば当然、身体は冷えてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

プールで身体を冷やさずに健康的に泳ぐには?

 

では、プールに行くと、身体が冷えて健康によくないのかと言うことですが、それは念入りな準備とプールの中での運動の仕方次第です。

 

プールに入る前に準備運動をして、まずはしっかりと体を温めてから水に入るのが良いです。

 

 

プールの中でも、ただ適当に歩いたり泳ぐというよりは、きちんと計画的にやるのがいいです。

 

プールの中にいると、水に体温を奪われるだけでなく、それだけで体力を消耗してしまいます。

 

ダラダラと長時間プールの中にいるというより、短時間で泳いだり歩いたりして、しっかり運動することで熱量を高め、身体を冷やさないように運動しましょう。

 

そうすれば、プールで身体が冷えるということはないです。

 

 

その他にも、サウナがあるようなプールでしたら、途中寒いと感じたら一旦プールから上がり、サウナで身体を温めてから、またプールに入るようにすると、長く泳げますね。

 

サウナ

 

 

プールから出た後にも身体を冷やさない!

 

プールから出た段階で、水滴が体中についていると、寒く感じてしまうので、出来るだけプールサイドにタオルを置くようにしましょう。

 

水から上がったら、すぐに身体の水滴を拭きましょう。

 

 

私がスイミングに行っていた時は、プールから上がったらジャグジーに入ったり、少し熱めのシャワーを浴びるようにしていましたよ~。

 

 

ちなみに、冷え性の人は筋力が少ないというのも、身体が冷えやすい原因の一つにあるようです。プールで積極的に運動すると筋力がついてきて、体力もつき、冷え性の改善にも期待できます。

 

初めから長距離は泳げないと思うので、少しずつ泳げるようになったらいいですね。

 

 

※冷たい水の中につかるので、プールは心臓に負担がかかる場合があります。高齢者や心臓に不安がある方は、お医者さんに相談してから水泳に行くようにしてくださいね。

 

 

関連記事

知らなかった!プールの後、目を洗ってはいけない理由とは?

社会人から始める運動!初心者向けのオススメは?

 

 

 

ws1000729

 

身体を積極的に動かすことや、運動する事は、今や健康に長生きするために欠かせません。正しいやり方や効果を知って、自分にあった運動を実践してみてくださいね!

 

caret-square-o-right 運動で健康に!運動の効果や正しいやり方・注意点などのまとめ

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事