栄養満点のうなぎ、子供は何歳から食べられるの?

この記事は4分で読めます

うなぎイラスト

土用の丑の日でおなじみのうなぎ(鰻)。

古くから滋養強壮の薬としても、食べられてきました。

 

大人になって、気付いたら既に食べていたウナギ。

子供って何歳からうなぎを食べられるんでしょうか?

 

姪っ子(3歳)がウナギ好きなので、うなぎを子供に食べさせる時、何歳からなら食べさせて良いのか?と言う疑問から、うなぎの栄養と効能について、さらに旬まで調べました。

 

スポンサードリンク

 

まずは、うなぎの栄養と効能

 

まずは、うなぎの栄養と効能について、簡単におさらい。

 

 

◎うなぎは、たんぱく質が豊富!

たんぱく質は、体を作る重要な栄養素で、うなぎが滋養強壮に良いとされるのは、たんぱく質が豊富なのも1つの要因です。

 

 

◎ビタミン類がバランスよく豊富に含まれている

ビタミンA・B1・B2・D・Eなどのビタミン類もバランスよく、豊富に含まれています。

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を維持する働きはもちろん、ビタミンEと同じく、抗酸化力が強く、細胞の老化を防いで、生活習慣病の予防や美肌に役立ちます

 

美肌

 

ビタミンB1には、糖質の代謝を助ける働きがあり、疲労回復に効果があります。

 

うなぎは、魚類の中でもビタミンB2の含有量はトップクラス!

 

 

ビタミンB2は、成長の促進や細胞の再生に関与する「発育のビタミン」です。

 

また、ビタミンEが、病気の元と言われる過酸化脂質の生成を抑制するのに対し、ビタミンB2は、生成された過酸化脂質を消去する働きがあります。

 

 

ビタミンDは、骨の健康を維持する働きがあるビタミン。

血中のカルシウム濃度を維持してくれるため、不足すると、骨粗しょう症の原因となります。

 

 

◎良質な脂質が摂れる

さらに、以前は体に悪いと言われていた脂質には、EPAやDHAが含まれています。

 

EPAとDHAは、脳の発達には欠かせない栄養です。

一時期、DHAは「魚を食べると頭が良くなる」と話題にもなりましたよね。

 

それだけではなく、血流を良くし高血圧を改善したり、中性脂肪を低下させる働きもあります

 

うな重

 

 

さて、うなぎの栄養と効能すごいですよね!

是非とも、可愛い我が子に食べさせたい、何歳から食べさせて良いの?

 

・・と、その前に、

ちょっと知っておきたい、うなぎの毒についてお話しておきましょう。

 

 

知らなかった、うなぎの毒!

 

知ってました?

実は、うなぎには『毒』があるんです!

 

英語では、ichthyohemotoxin 又は、fish serum toxin と呼ばれており、魚類血液毒素と言われています。

この毒は、人間を含めた哺乳類全般に対して、有毒であると言われています。

 

毒の成分はタンパク質で、うなぎの血液(血清)と粘膜に含まれています。

 

粘膜部分は血液より更に毒性が強く、大量に摂取すると、死亡することもあると言われており、注意が必要です。

 

 

中毒の症状としては、下痢、嘔吐、皮膚の発疹、呼吸困難などを起こす恐れがあります。

 

血液が目や傷に入るなど、粘膜に触れた場合は、結膜炎やまぶたの腫れ、炎症、傷口の化膿・浮腫が起こります。

 

 

うなぎだけでなく、あなごやうつぼなどにも同じような毒があります。

この毒は、幸い60℃以上、5分以上の加熱により、完全に毒性を失います

 

かば焼きや白焼きのように、火を通した料理が好まれるのは、こうした毒性を持つ事が理由と思われます。

 

白焼き

白焼き v

 

 

うなぎは、実はフグなどのように、調理するにも注意が必要な食材だったんですね。

 

きちんと加熱調理されたものを食する場合、毒はあまり気にする必要はないです。

※ご自身で釣られたうなぎを調理する場合、危険を伴う事は知っておくべきでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

うなぎ、子供は何歳から?

 

さて、加熱調理されたものを食べる分には、うなぎの毒は気にしなくても良いものでしたね。

 

安心、安心。

 

じゃあ、子供でも何歳からでも良いじゃん!って思いますよね。

 

赤ちゃんのご飯の本なんかには、1歳はダメ、2歳になってからと書かれている事が多いようですね。

 

と言うのも、うなぎの細かい小骨が、子供の喉に引っかかる危険があるからなんです。

 

つまり、子供がちゃんと咀嚼できるようになってから与えた方が、喉に骨が刺さる心配がない、と言うことなんですね。

 

 

子供が奥歯で咀嚼する事ができるようになるのは、1歳半~3歳くらいまでと個人差が幅広いので、様子をみて食べさせてあげてくださいね。

 

咀嚼がまだまだ、というお子さんに食べさせる場合は、大人が骨を取り除いて、なるべく小さくしてから、食べさせるようにしましょう。

 

ひつまぶし

 

また、うなぎは脂が多いため、消化不良を起こすこともあります。

 

 

かば焼きは、子供にとっては味付けも濃いめです。

白焼きなど、味を調節できる調理方法のものの方がお勧めですよ。

 

 

うなぎは栄養価が高く、滋養強壮食品でもあるため、沢山食べさせてしまうと、子供の寝つきが悪くなる事もありますので、量にも注意して食べさせましょうね。

 

 

うなぎというと、どうしても夏に食べるイメージですが、冬眠に備えて脂を蓄える、秋~初冬がうなぎの旬なんです!

まさにこれから旬の食材なんですね。

 

お子様にもぜひ、冬に備えて脂のたっぷりのったうなぎをどうぞ。

 

 

ws1000729

 

食べ物に関する豆知識や保存の方法など、知っておくと絶対役に立つ&自慢できる?!記事はこちらにまとめています、是非御覧ください

 

caret-square-o-right 知って得する!食べ物に関する豆知識や保存方法について

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ws1000742
  2. 黒大豆
  3. 原木まいたけ
  4. 米と稲穂
  5. トビウオ2
  6. 様々なきのこ

プロ・ブロガーになった旦那の一言とは?

333333

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る