ブロッコリースプラウトの正しい食べ方と栄養・効能は?

この記事は2分で読めます

CIMG0466

最近、スーパーなどでもよく目にするようになったスプラウト。

スプラウトって、すごく体に良いんですって!

 

今回は、そんなスプラウトの中でも、ブロッコリースプラウトについて。

 

栄養や効能ついて紹介するのはもちろん、ブロッコリースプラウトには効果的な摂り方があるって知っていましたか?

 

正しい食べ方についてもご紹介しますねv

 

スポンサードリンク

 

ブロッコリースプラウトの栄養と効能

 

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの新しい芽で、成長を続けるとブロッコリーになります。

 

成長を続けてブロッコリーになった方が、大きく成長するし、栄養価が高いような気がしませんか?

 

でも、実は植物の栄養は、種の中に多く含まれていて、成長するにつれて栄養が分散してしまうので
栄養素は減ってしまうのです。

 

そのため、ブロッコリーよりブロッコリースプラウトを食べた方が栄養素を沢山吸収出来るんです!

 

ブロッコリー

 

 

ブロッコリースプラウトの注目すべき点は、スルフォラファンと言う成分がブロッコリーの7~20倍ほども含まれているところです。

 

スルフォラファンはブロッコリーに特有の成分で、強い抗酸化作用と抗アレルギー作用を持つことが知られています。

 

このことから、老化の原因である活性酵素を取り除いてくれるため、アンチエイジングに効果があります。また、二日酔い予防、育毛、花粉症対策、などにも効果があると言われています。

 

しかし、スルフォラファンの最も有名な効果は、やっぱりガンを予防するという効果でしょう。

 

解毒酵素を活性化させる働きによって、体内に取り込まれた発ガン物質を無毒化するとともに、免疫力をUPさせてくれるんですよ。

 

免疫

 

スルフォラファンは第7の栄養素と言われているほど、とても栄養価が高いもので、たんぱく質やビタミンと一緒に摂るとさらに効果が上がります。

 

また、驚くべきことに、スルフォラファンに含まれている抗酸化作用の効果は3日間も持続すると言われています。

 

スポンサードリンク

 

ブロッコリースプラウトの正しい食べ方

 

ところで、ブロッコリースプラウトはカイワレ大根と見た目が似ていますが、栄養はどう違うのでしょうか。

 

カイワレ大根には、イソチオシアネートと言う辛みが入っているところが、ブロッコリースプラウトと違う点です。

 

イソチオシアネートにもがん予防の効果があることが知られていますので、植物のスプラウト(芽)には、本当にすごい栄養が含まれているということが分かりますよね。

 

かいわれ

よく似ているけど、栄養は違うカイワレ大根。

 

ブロッコリースプラウトは、カイワレ大根のように辛みはなく、とても食べやすくてお勧めです。

 

 

ブロッコリースプラウトの賞味期限は、製造から1週間程度です。

 

お店に並んでいるものだと、買った後に大体2、3日以内に食べてください。冷蔵庫に入れておくと、1週間程度は持つといわれていますが、しおれて来てしまいます。萎れると、スルフォラファンの効果は減少すると言われています。

 

また、先述した通り、スルフォラファンに含まれている抗酸化作用の効果は3日間ほど持続します。そのため、3日に1回ブロッコリースプラウトを食べるのがいいです。

 

サラダにして食べるのが、一番食べやすくて栄養を損なわずに食べられる為、お勧めですよ!

 

 

健康のために新しい野菜にもチャレンジしましょ♪

 

 

ws1000729

この記事では良い野菜に秘められたすごいパワーをたくさん紹介しています。

栄養や効果・効能を知って、今よりさらに野菜を美味しく食べましょう!

 

caret-square-o-right 体に良い野菜、美味しく食べる為に栄養と効果・効能を知る

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


プロ・ブロガーになった旦那の一言とは?

注:申し込み多数の為、2月末日で募集を締め切ります

333333

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る