断食道場体験四日目、断食はアトピーの治療に効果があると実感

この記事は4分で読めます

1254

こんにちは旦那です、断食体験四日目です、断食はアトピーの治療に効果があると実感できました、肌の調子がとてもいいです。

 

一日の大体のスケジュールは昨日書いた通りでほとんど変わらないので、今後は、変わったことだけを書いていきます。

 

断食道場(伊豆高原:やすらぎの里)の一日のスケジュールについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

関連記事⇒ 断食道場体験記、二日目、伊豆高原:やすらぎの里の一日のスケジュール

 

今日はアトピーの経過について書いていこうと思います。
同じ苦しみを持つ仲間のために、真剣に書いていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アトピーで辛いのは、肌の状態より、痒み

 

断食はアトピーに効果があると聞いて、僕はダイエットよりなにより、とにかく、肌がきれいになりたいと、今回の断食道場に参加しています。

 

このブログでもちょくちょく書かれていると思いますが、僕は中学二年の事からずっとアトピーを患ってきました。

 

親は、とにかく皮膚科の先生にもらった薬を塗りなさい、それさえ塗っていれば肌がきれいになるんだから!!

 

と、常々ステロイド入りの外用薬をゴリ押ししてきましたが。

 

アトピーを患っている身としては

 

「薬を塗ったからって一時しのぎでしかないじゃないか、根本的な何かを治さない限り、一生薬を塗るのは嫌だ」

 

と反発していました、だから親とはよく

 

薬を塗れ!!

塗らない!!

 

でもめたこともあります。

 

アトピーで辛いのは、肌がボロボロになるのもそうですけど、それ以上に辛いのって痒みなんですよ。

 

僕達が一番に願うのは、肌の綺麗さより先に、この痒みを消し去ってくれ!!ってことなんです。

 

 

痛みは我慢できるでしょ?・・・というか、痛みが治まるまで我慢するしかないじゃないですか。

 

でも、痒みって、本当に手軽に簡単に痒みを取る方法があるんですよ、そう、爪でバリバリとかきむしればいいんです。

 

痛みと違って、痒みは、安易な対処法があるからこそ、余計辛いんです。(しかもその安易な対処法が症状を余計悪化させるというね)

 

想像してみてください、今お腹が痛いとします、そして手でお腹をさすればすぐに痛みが無くなるとします・・・でもその痛みは待たすぐによりひどくなって現れます。

 

お腹が痛いからまたさすります、一時治まります、またすぐに痛くなります・・・・延々繰り返します。

 

アトピーはこの繰り返しです

 

 

辛いです

 

 

薬は使いたくない、だからと言って、”根本的な何か”がわからないままこの年まで来て、徐々に、徐々に症状が悪くなっていくことにいら立ちを覚えて初めていました。

 

で、最近になって光明がさしたのですが、アトピーは腸内環境と密接に関係している。
つまり、体内から改善していけば、治る可能性がある、ということです、それを知ってからというもの、腸内環境には特に気を遣うようになったのですが。
その、活動の一部が今回の断食道場というわけです。

 

関連記事⇒ アトピーと腸の関係!腸内環境改善食でアトピーは治せる?

 

 

スポンサードリンク

 

 

断食で肌がきれいに、強くなった

 

結果的にいうと、四日目からかなり肌の具合が良くなっています。

 

普段とは全然違う、肌のなめらかさ、そして、うれしいのが肌に強靭さが備わったことです。

 

以前は、少し強く掻いてしまうと、赤くなりボロボロになりましたが、今では、少しくらい掻いたぐらいでは、赤くなりません。

 

以前は掻いたら、肌にダイレクトに刺激が届いていましたが、今は、皮膚がバリヤに覆われて、刺激が鈍く感じるようになりました、つまりそれだけ、外の刺激に抵抗ができたのかもしれません。

 

滞在中に薬を使ったのは、初日だけで、あとは使っていないので、断食のおかげで、よくなったと言えます

 

 

滞在中に断食に関する本を読んだのですが、断食をするとアトピーが良くなる理屈って実は単純で。

 

普段、体のエネルギーは胃腸にある食べ物を消化するためにたくさん使われています、断食することで、胃腸にまわすエネルギーが少なくなった分、体を修復することに使われるようです。

 

つまり

 

僕たちの体は、普段、最優先で食べ物の消化吸収にエネルギーを使っているというわけです。
考えてみたら当然で、まずは栄養を体に取り入れないと人間は死んでしまいますから、最優先なのは、推して知るべしといったところです。

 

断食することで、エネルギーの大部分は体の修復にエネルギーを使うようになり、それが胃腸の内壁の修復につながります。

 

胃腸の内壁の修復が終われば、そこからアレルゲン物質が体内に漏れ出すことがなくなるのでアトピーの症状が出なくなるというわけです。

 

 

事実、肌は劇的に改善されましたし、薬を塗ったのは初日だけで、あとは自然に任せました。

 

ただ

 

痒みが収まりません、僕としては、肌がきれいになることよりなによりも、この痒みを駆逐したい、四六時中、わさわさと、どこかしらが痒いのは、もう慣れてしまったことですがやはり、つらいです。

 

もう少し日が経てば、この痒みも消えていくのでしょうか。

 

 

今回、断食をすればアトピーが治ると書きましたが、先ほど読んだ本には、素人がいきなり断食を行うのは大変危険だと書かれていました。

 

特に、好転反応で、一時的にアトピーの症状がひどくなることもあり、それがつらくて途中でやめてしまっては意味がないのだそうです。

 

つらい時期を乗り越えると、徐々に改善されていくそうなのですが。(ちなみに僕は一時的に悪化するという症状はありませんでした)

 

やはり、断食は専門家の指導のもとやるのがい一番です。

 

素人考えで、食事をしなければいいんだろう、的な安易な考えでは逆にひどくなることもあるので、注意してください。

 

 

断食によるアトピー療法やその他の療法に関して、興味がある方はこの本を強くお勧めします。

 

やすらぎの里の先生も勧めていて、断食に関する基礎的な知識と、断食の怖さと、そのすごさがわかります。

 

 

断食はアトピーに絶大な効果があります、薬を使わないから副作用もありません、だからこそ正しい知識で、失敗の無いようにはじめて行きましょう。

 

本当に、同じ仲間として、断食は強くお勧めできます、でも、何度も言いますが

 

正しい知識を持ってしないと断食は危険です、諸刃の剣です、まずは本を読むところから、やれることから変えていきましょう。

 

 

finger-icon05_r1_c2本日の体重測定

 

昨日からの変化

 

体重:73.9⇒72.9(-1.0kg)

体脂肪率:21.4⇒20.4(-1.0%)

内臓脂肪:8.0⇒7.5(-0.5)

 

初日からの変化

 

体重:76.9⇒72.9(-4.0kg)
体脂肪率:20.7⇒20.4(-0.3%)
内臓脂肪:8.5⇒7.5(-1.0)

 

 

明日は魔の五日目、このまま順調に過ぎ去ると思ってましたが・・・甘くないですね。

↓↓↓↓続く

9999

断食道場体験五日目、アトピーの好転反応と空腹が辛い!!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ 合わせて読みたい ↓


スポンサードリンク

管理人 プロフィール

奈月


運営者:奈月(30代の主婦です)



当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ロハスは、簡単に言えば「健康と環境を重視するライフスタイル」

エコな生活も突き詰めちゃうと大変!
ゆる~く自分のできる範囲でロハスな生活しちゃいましょ♪


詳細なプロフィールと理念は、下の
「奈月のプロフィール」からどうぞv



奈月のプロフィール




 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る